野菜おかずの代表はラタトゥーユ

野菜おかずの代表はラタトゥーユ

ラタトゥーユといっても、誰かのメニューの通りにしなければなんてことはない。野菜の煮物なんだ。今回やったのは、家の冷蔵庫に入っていた残り物の野菜。まずはピーマン、青、赤、オレンジ、それからなすび、玉葱、しめじがすべて。ニンニクをミジンきりにして、フライパンにオリーブオイルを入れた中でなじませる。その中へ乱切りにした、玉葱、ナス、ピーマン、シメジをいれる。いためる。丹念にいためる。なすびがくたっとしてきたなと思ったら、トマトの水煮缶を開け、ざっといれる。材料がひたひたになるくらいまで水をいれる。コンソメをいれ、暫く煮る。野菜 おかずだから、物足らないだろうとは頭の中ではおもっていても、フライパンの中身を見る限り、これだけで充分だなとおもってしまう。煮立ってきたら、味を見て足らなかったら、塩をいれる。これだけでいいのだが、食べる時、この上にチーズをふりかける。パスタでも、御飯でも、パンでもあう。もう一つ、ラタトゥーユではないけれど、この中にもよく入れる野菜、ズッキーニがあるが、これだけで一品はいかがだろうか。野菜売り場で安く出ていると、買い込んでくるのだが、ちょっと癖があるので、我が家に一人、これが苦手というのがおる。こういう厄介なやからには、コチトラが大好きであっても、遠慮会釈なしで残してくる。こうなると、こっちも意地で、ズッキーニを2センチくらいの輪切りにして、両面に塩をする。軽く小麦粉をつけて、やく。勿論油はしいておく。これを味噌などにつけて食べる。それだけなのだが、こうすると、ズッキー二嫌いが食べるからおかしい。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 野菜おかずの代表はラタトゥーユ All Rights Reserved.